Need Help?

Yunus Social Business Research Center (YSBRC)

ユヌスソーシャルビジネスリサーチセンター

教育

龍谷大学に在籍する学生が地域連携活動に関わりを持ち、卒業後も地域と関わりを持ちながら、よりよい社会と自らの人生を創り出すことのできる人間に成長するために教育事業を展開しています。
また、キャンパスが立地する京都、滋賀を中心に行われている、正課、正課外の活動のサポート、学外団体、企業等とのマッチングを行っています。

地域連携シーズの蓄積と発信

学内外を問わず様々な活動のきっかけやヒントとなるよう、本学における地域連携活動の様々な事例を集めたWEBサイト、「地域連携シーズバンク『with Dragon』」を開設しています。

地域連携シーズバンク『with Dragon』

また、学内の社会連携の取り組みをタブロイド形式で『EFFECTOR』として発行。気軽に手に取り地域連携に学生が触れられるよう発信しています。

EFFECTOR

地域連携プログラムの実施

学生が学部の枠を越えて取り組むCBL(コミュニティベーストラーニング)を展開しています。

学生がうどんづくりを通じて地域住民と交流し、地域連携活動への関心を高めることを目的として、地域デビュープログラム「町家deうどん」を開催。多世代・多文化交流の場となっています。

2017年度からは、京阪ホールディングスと連携し、「京阪沿線活性化プロジェクト」を実施。公募により集まった学生が協働して、地域活性化プランを提案しています。

「町家deうどん」の様子

「町家deうどん」の様子

地域連携活動旅費サポート制度の設置

地域連携活動で負担となる学生の交通費をサポートする制度。2017年度に、対象を京都市内の地域に限定してパイロット事業としてスタート。2018年度からは、学内資金を使って、全地域を対象にサポートしています。

学生活動支援制度「龍谷チャレンジ」の実施

龍谷大学独自の資金で実施する、学生の正課外における自主活動及び地域と連携した社会貢献活動を支援する助成を行っています。書類審査や面接審査を経て、採択団体には最大30万円の支援をしています。

プレゼン龍×SDGs 龍起業塾「社会起業家育成プログラム」

龍谷大学学生ベンチャー育成事業実施20年目の節目となる2020年度から、 “誰一人取り残さない”持続可能な社会に向けて、社会問題を身近なところから考え、ビジネスの手法での解決を目指した「社会起業家育成プログラム」を始動します。数々のソーシャルビジネスを立ち上げてきた専門家等からの直接のレクチャーを受け、起業方法やビジネス手法などが学べる実践型のプログラムです。

プレゼン龍×SDGs 龍起業塾「社会起業家育成プログラム」